ゆず湯でピリピリしたときの治し方としない入浴方法は?

季節のイベント

冬至になるとゆず湯にはいると風邪をひかないと言われていてゆず湯を家庭で楽しむことがあると思います。

ゆずの香りで癒されるしいいのですが、肌が弱い方や小さい子がいる家庭で起こりやすいゆず湯のトラブルで肌がピリピリするや痛痒い症状出てしまったときの治し方やピリピリしない方法を紹介します。

スポンサーリンク

ゆず湯で肌がピリピリ原因とは?

ゆず湯で肌がピリピリしてしまう原因は、ゆずの皮の精油成分にリモネンが含まれているからです。

リモネンは、体にとってリラックス作用、血行促進、冷えを和らげるいい働きがありますが、油分を落とす働きもあります。

体の油分を必要以上におとしてしまうことが、肌がピリピリする原因です。

柑橘系の皮で油汚れを落とすことが出来るとテレビなどで紹介されているのを見た事ありませんか?

リモネンは、台所の油汚れ落とし洗剤などにも使用されています。

リモネンは強い酸性ですので、湯船の中にゆずの果肉や果汁がはいると肌に刺激が強く出でしまいます。

スポンサーリンク

ゆず湯で肌をピリピリたときの治し方

ゆず湯で肌がピリピリしたと感じたら、すぐに湯船から出てシャワーでよく洗い流します。

洗い流すとピリピリが落ち着いてくるはずです。

体を拭いたらローションやクリームで保湿をしておくといいと思います。

よく洗ってもピリピリが治まらないや、肌に異常を感じたら皮膚科への受診をして専門家の指導に従ってください。

スポンサーリンク

ゆず湯で肌をピリピリさせない方法

ゆず湯を楽しむためのポイント

ゆずの皮を洗ってから湯船にいれる(先に刺激のある成分を少し洗い流して置く)

湯船にいれるゆずに数を減らす(1個か2個で十分です)

湯船のなかにゆずの果汁をいれたりしない(ゆずを揉んだり、つぶしたりしない)

ゆず風呂に長くつからない(20分程度まで)

ゆずをガーゼなどで包んで湯船に入れる(果汁の飛び出し予防にもなる)

ゆずの香りだけを楽しむ(洗面器にゆずを入れて香りを楽しむ)

スポンサーリンク

ゆず湯に入らない方が良い人

冬至の日にゆず湯にはいると風邪をひかないと言われていても、ゆず湯に入らない方が良い人もいます。

参考にしてください。

敏感肌の人、乾燥肌の人、肌がまだ薄い赤ちゃんや小さい子供。

以前にゆず湯に入ってピリピリのトラブルで病院へ行ったことがある人は、

入らない方が良いと思います。

洗面器にお湯を入れて洗面器のなかにゆずをいれて、香りだけを楽しむ方法もありますので、試してください。

スポンサーリンク

ゆず湯の残りで洗濯できるのか?

お風呂のお湯の残りを選択で使用している家庭もあると思います。

ゆず湯の残りで洗濯できるのか?答えは出来ます。

多少のゆずの香りが残るかもしれませんので、匂いが気になる場合は、すすぎの最後を水道水を選択しておけばいいと思います。

おしゃれ着などは、念のためにやめておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ゆず湯に入って肌がピリピリと感じるのは、ゆずの成分リモネンが体の油を落としすぎてしまうから。

ゆず湯に入ってピリピリしたら、シャワーでよく洗い流すとピリピリが落ち着くが、肌に違和感を感じたら皮膚科でみてもらう。

ゆずをたくさん湯船に入れすぎたり、果汁をいれたりするとピリピリしてしまうので注意する。

肌の弱い敏感肌の人や赤ちゃん、子供は、洗面器にゆずを浮かべて香りだけを楽しむ方法を試してください。

ゆず湯の残りで洗濯は、出来ますが、匂いが気になると思う方は、やめておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました