笹生優花の飛距離はどのくらい?二重国籍でどちらを選ぶのか?

スポーツ

19歳の笹生優花(さそうゆうか)選手が全米女子オープンでメジャー初優勝を決めました。

笹生優花選手は、飛距離がすごいとゴルフ業界では、飛ばし屋といわています。

どのくらいの飛距離があるでしょうか?

彼女は、父親が日本人で母親がフィリピン人なので国籍を2つ持っているそうです。

どっちを選ぶのか気になりますね。

19歳の笹生優花選手の飛距離や二重国籍でとちらを選ぶのかについて紹介しますね。

 

スポンサーリンク

笹生優花の飛距離はどのくらい?

 

 

 

笹生優花選手の飛距離はどれくらいなのでしょうか?

笹生優花選手の2021年の飛距離は平均で262ヤードで、一番飛ばせる選手です。

以前行われた、デサントレディース東海クラシックで行われたドライビングコンテストでは270ヤードを飛ばし、女王にも輝いたそうですよ。

国内女子 平均飛距離ランキング 2021年度

他の選手の飛距離を見てみると240から250ぐらいの人が多いです。

プロでない女子の平均は、160ヤードということですので、100ヤードも違うんですね。

 

 

スポンサーリンク

笹生優花の両親について

 

笹生優花(さそうゆうか)選手は、父親が日本人で母親がフィリピン人だそうです。

5歳から8歳までは日本で過ごしていたそうですが、フィリピンで過ごしていた方が長いそうです。

なので日本語よりも英語の方が得意です。

他にもタガログ語、韓国語、タイ語も話せるそうです。

頭の中でどうやって理解していくんだろう?日本語しかわからない私には、分からない世界です。

ゴルフを始めたのは、父親の影響で8歳から始めたようですね。

8歳で笹生優花選手が、プロになりたいといあったので、ゴルフの練習をするなら環境が整っているフィリピンがいいということでフィリピンで暮らすようになりました。

フィリピンのセブ島などのリゾート地にゴルフ場などがあるので日本よりも環境がよかったのかもしれないですね。

私は、しらなかったのですが、フィリピンにゴルフ留学するというのもあるようです。

ゴルフと語学の両方が学べるそうですよ。

笹生優花選手のお父さんは、娘さんの夢の為の協力がすごいと思いました。

 

スポンサーリンク

笹生優花は二重国籍でどちらを選ぶ?

 

笹生優花(さそうゆうか)選手は、日本人とフィリピン人の両親をもつので、国籍が二重国籍になっています。

日本では、22歳までにどちらかに決めないといけないルールがあるようですので、19歳の笹生優花(さそうゆうか)選手も、いずれはどちらかにするようです。

笹生優花(さそうゆうか)選手は、オリンピックに出たいということで、フィリピン代表で東京五輪に出場してから、日本の国籍を選ぶかもしれないそうです。

日本代表としてだと、順位てきに他の人の方が上になってしまい選ばれない可能性もあるようなので、確実に選ばれそうなフィリピン代表で今回はオリンピックを目指すようです。

東京五輪が開催されるのかまだよくわかりませんが、出場されたら頑張ってメダル狙ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

メジャー初優勝笹生優花選手の飛距離は平均で262ヤード、過去には270ヤード飛ばしたこともあるようです。

笹生優花(さそうゆうか)選手は、父親が日本人で母親がフィリピン人で5歳から8歳まで日本で過ごした以外は、8歳でプロのゴルフ選手になると決め、フィリピンでプロのゴルフ選手になれる環境で練習していたようです。

笹生優花(さそうゆうか)選手は、二重国籍を持っています。

22歳の誕生日までに、どちらかを決めるようです。

東京五輪に出場するために、フィリピン代表で出場する可能性があるようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました