ペルセウス座流星群が見える場所2021はどこ?時間帯や方角を調査!

季節のイベント

午後の夏になると見ることが出来るペルセウス座流星群の見える時期になってきました。

流れ星って運がいいと見れると思っていましたが、ちゃんと見える時期があるんですね。

たくさんの流れ星が見れるペルセウス座流星群が見える場所2021がどこなのかや、時間帯や方角について調査しましたので紹介します。

ペルセウス座流星群が見えたら、夏休みの思い出になりますね。

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群が見える場所2021はどこ?

 

ペルセウス座流星群が見える場所2021はどこなのでしょうか?答えは、日本の各地域でどこでも見ることができます。

後は、天気が良ければということになりますね。

日本の各地で見ることができるペルセウス座流星群ですが、より見やすい場所を紹介します。

①周りが明るくない場所

②周りに建物などがなく空が全体に見える場所

この2つの条件が合う場所で見ると、ペルセウス座流星群が見やすいです。

都会だと場所をさがすのが、難しいかもしれませんが、公園などは比較的明かりが少なくなっている場所もありますので、行って見るといいかもしれません。

冬と違って寒くはないので、家からではなく公園などへ行って見るというのもいいかもしれません。

虫さされ対策はしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群が見える時間帯や方角は?

ペルセウス座流星群が見える時間帯や方角について紹介をします。

時間帯

ペルセウス座流星群が見える時間帯は、午後の9時から見ることができます。

2021年の8月11日ごろから2021年の8月13日頃まで見ることができます。

ピークの予想は、2021年8月13日の未明となっています。

天気の予報があまりよくないので、見えるかはその日の天気次第になりそうです。

観測条件のよい場所から見ると1時間に50個も見ることも可能です。

願い事がたくさん出来ちゃいますね。

 

方角

 

方角は、とくにありません。

ペルセウス座流星群は、四方八方に流れますので、空を全体に広く眺められる場所から見るのがいいです。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群が好条件でみれるのは次回はいつ?

 

ペルセウス座流星群が2021年は、条件的にいいので見やすいと言われています。

理由は、8月8日に新月でしたので今年は、月明かりが明るくないので星が見やすいという事です。

2021年のペルセウス座流星群を見れなかった場合、次によくみえるとされている時期は、3年後の2024年になりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ペルセウス座流星群が見える場所2021はどこ?時間帯や方角を調査!について紹介しました。

ペルセウス座流星群が見える場所は、日本の各地域で見ることができます。

ペルセウス座流星群を見る場所は、①周りが明るくない場所、②周りに建物などがなく空が全体に見える場所を選びましょう。

広い公園などでみるといいかもしれません。

2021年の8月11日ごろから2021年の8月13日頃まで見ることができます。

方角は特になく、空全体を見渡せると四方八方で流れるのが見えます。

2021年は、ペルセウス座流星群が好条件で見れることになっています。

次回ペルセウス座流星群が好条件で見れるのは、3年後2024年です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました