夏休みの留守番中のお昼ご飯どうする?みんなが作ってるメニューを調査!

子育て

夏休みに入り共働き世帯では、子供だけで留守番をする機会がある場合に悩むのが留守番中のお昼ご飯をどうするのかということだとおもいます。

子供だけなので、火をつかわないで電子レンジで温めるだけで食べられるものや、そのまま食べることができるものがいいですよね。

留守番中のお昼ごはんで、みんなが作っているメニューを調べてみました。

参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

夏休みの留守番中のお昼ご飯どうする?

 

共働き世帯の家庭で夏休みを含む留守番中のお昼ごはんはどうしているのかアンケートを取った結果がありました。(たべぷろ編集部調べ)

1位 手作り弁当・惣菜

2位 冷凍食品

3位 レトルト

4位 スーパーのお弁当・惣菜

5位 コンビニ弁当・総菜

6位 お弁当屋さんの弁当・惣菜

7位 炊く際弁当や出前

働きながらも子供の健康を考えて手作り弁当を頑張って作っているいママさんたちがたくさんいるんですね。

毎日の事となると、買うと高くなりますからお家で作った方が安くなるということもあります。

 

スポンサーリンク

夏休みの留守番中のお昼ご飯みんなが作っているメニューは?

 

どんなものを作っているのかメニューを調べてみました。

①焼きそば

②チャーハン

③スパゲッティ

④オムライス

⑤カレー

⑥サンドイッチ

⑦おにぎり+おかず

⑧お好み焼き

⑨親子丼

⑩牛丼

⑪そうめん+おかず

そぼろご飯と炒り卵

調べてみた結果このメニューを見つけました。

どれも電子レンジで温めたら食べれるものや、そのまま食べることができますね。

たまにレトルト食品やコンビニを使ったりして、スパゲッティも味を変えたりすれば夏休みなんとか、子供のお昼のメニューが決まりそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

夏休みの留守番中のお昼ご飯どうする?みんなが作ってるメニューを調査!について紹介しました。

子供だけで留守番する家庭のお昼ご飯は、働くお母さんが作っている手作り弁当がアンケートで1位でした。

火を使わないで、温めて食べれるみんなが作っているメニューを調べましたので、参考にしてみてください。

手作りと冷凍食品などレトルトなどをうまく組み合わせれば、夏休み留守番している子供のお昼が完成出来ると思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました