虫除けスプレーの使用期限は開封後いつまでに使うのがいい?

情報

梅雨明け後の涼しくなった夕方ぐらいから、蚊の活動が活発になりはじめますので、外にでるときなどに虫除けスプレーを使う事が増えてくる時期ですね。

今まで虫よけスプレーに使用期限があるのか、気にしていませんでしたが気になったので調べてみました。

虫除けスプレーの使用期限は開封後いつまでに使うのがいいのかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

虫除けスプレーに使用期限がある?

 

 

各社から様々な虫除けスプレーが発売されています。

使用期限が書かれているものは、その使用期限に使うのがいいですが、かかれていないものは、発売している会社のHPなどを見ると大体開封後3年間は、品質の保証がされているものが多いです。

3年を目安に虫除けスプレーを使い切れるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

虫除けスプレー開封後の保存の仕方

 

虫除けスプレーの開封後の保存の仕方で最適な方法を紹介します。

そんなに難しいことは、必要ではありませんね。

高温多湿を避けられる冷暗所で保存して置けば、虫除け効果が薄れてしまうことが防げます。

 

 

スポンサーリンク

虫除けスプレーに使用期限が過ぎている物の処分方法

 

残った中身はを処分したいときは、ビニール袋の中に不要になった新聞紙などを入れ、その新聞紙などに吸い込ませて処分します。

スプレー缶の場合は、家の中でやるよりも外に出て作業したほうがいいです。

大量に残っている場合に、虫除けの成分が部屋に充満して、気分が悪くなったりすることがある可能性があります。

空になったスプレー缶は、自治体の指定方法で捨てましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

虫除けスプレーの使用期限は開封後いつまでに使うのがいい?について紹介しました。

使用期限が書かれているもは、その使用期限内で使用し、書かれていな場合は、開封後3年を目安にして使いましょう。

一度開封した虫除けは、高温多湿を避けられる冷暗所で保存して置けば、虫除け効果が薄れてしまうことが防げます。

虫除けスプレーの使用期限が切れている物を処分するときは、ビニール袋の中に不要になった新聞紙などを入れ、その新聞紙などに吸い込ませて処分します。

スプレー缶の時の作業は、外がおすすめです。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました