餅つきがダメな日2022はいつ?良い日や縁起の悪い日の由来と意味

季節のイベント

年末に餅つきがダメな日はいつ?なのかについて気になりますよね。

餅つきにダメな日がいくつかあります。

餅つきがダメと言われている日よりも、せっかくなら餅つきが良い日を選びたいです。

餅つきがダメな日はいつ?良い日や縁起の悪い日の由来と意味を紹介していきますね。

今年の餅つきをするときの参考にしてください。

スポンサーリンク

餅つきがダメな日2022はいつ?由来と意味

餅つきをしない方が良いと言われている日は、12月26日と29日と31日と言われています。

理由は、昔の人は言葉の語呂を気にしていたからです。

26日は、6が付くので「ろくでもない」を意味しているのでよくないとされています。

29日は、9とつく数字は「苦」が連想し、苦餅となり縁起が悪いとされていますね。

29というのは、「二重に苦しむ」と解釈も出きるとされています

一部の地域では、29日は、「福【ふく】」と読むので逆に縁起がいいとされている地域もあります。

31日はおおみそかで、一夜餅となり神様に失礼ということからよくないとされています。

お正月のお飾りを飾る時も一夜飾りは、よくないとされているので一緒ですね。

スポンサーリンク

餅つきをすると良い日2022

餅つきをするのによい日はいつなのでしょうか?

縁起を担ぐという意味で12月28日です。

「8」という数字は漢字で書くと八したが広がっているます。

末広がりは縁起がいいと昔からよく言われていますね。

その他にも、富士山も縁起物とさています。

それは富士山の形が「八」に見えるからともいわれていますよ。

餅つきを良い日につきたいときは、縁起のいいと言われる12月28日にしましょう。

私も毎年旦那さんの実家でお餅つきをします。

餅つきにいい日と言われる28日は、仕事納めの日のことが多いため、30日に餅つきをしていますよ。

スポンサーリンク

仏滅に餅つきはしていいの?

餅つきをしよう思った日が仏滅だった場合はどうしたらいいのか?

例えば、12月28日が仏滅だった時の場合、気にするならやめた方がいいですね。

12月28日が仏滅でやらなかった場合は、27日か30日のどちらでやることになると思います。

2022年12月の年末の仏滅は、12月27日になります。

スポンサーリンク

餅つきを年末にする理由

年末に餅つきをする理由は、お正月に飾る鏡餅を作ることが理由です。

鏡餅は、年神様を迎えるために必要なものです。

新しい年に豊かな実りをもたらしてくれる神様を迎えるための物になり、神様の居場所となるのが鏡餅です。

鏡開きで、鏡餅を食べることは、神様の魂が宿っているので縁起のいいお餅ですのでぜひ食べましょう。

鏡餅は、お年玉のルーツにもなっているそうです。

家長がその年の鏡餅を家族に分け与えたということの名残だそうです。

スポンサーリンク

まとめ

餅つきをするなら縁起を担いで12月28日が一番おすすめです。

餅つきがダメな日とされているのは、12月26日、29日、31日になります。

餅つきの日が仏滅だった場合は、気にするなら避けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました