本ページはプロモーションが含まれています。

並ぶ前にチェック!ディズニーランドのアトラクション身長制限一覧

スポンサーリンク
ディズニー

並ぶ前にチェックしておきたい!ディズニーランドのアトラクション身長制限一覧をしらべました。

ディズニーランドのアトラクションには、いつくか身長制限があります。

ディズニーランドに行ったときに、乗りたい乗り物が身長制限をクリアしているかどうかを測ってもらう場所についても紹介しています。

スポンサーリンク

ディズニーランドのアトラクション身長制限一覧

ディズニーランドの身長制限は、81cm、90cm、102cmの3つです。

ディズニーランド身長制限81cm

・ベイマックスのハッピーライド(トゥモローランド)

ディズニーランド身長制限90cm

・スプラッシュ・マウンテン(クリッターカントリー)
・ガジェットのゴーコースター(トゥーンタウン)

ディズニーランド身長制限102cm

・ビッグサンダー・マウンテン(ウエスタンランド)
・スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー(トゥモローランド)
・スペース・マウンテン(トゥモローランド)

スポンサーリンク

ディズニーランドの身長制限はどこで測る?

ディズニーランドの身長制限がギリギリの場合でアトラクションの乗れるのか心配な場合は、キャストに身長をはかってもらいましょう。

ディズニーランドの身長制限はどこで測っているのか場所を調べました。

身長制限のあるアトラクションで測ってくれます。

利用したいアトラクションのキャストに、アトラクションに並ぶ前に身長を測ってもらうようにしましょう。

アトラクションに並んでから、身長を測ってもらい、身長制限に引っかかった場合に、並んだ時間がもったいないことになってしまいます。

アトラクションの入り口には、アトラクションのキャストが立っています。

キャストに、アトラクションが利用できるか身長を測ってほしいと声をかけましょう。

無事に身長制限をクリアできると、腕にリストバンドを付けてくれます。

他にも同じ身長制限のアトラクションを利用したい場合でも、リストバンドを付けていれば、再度身長を測る必要はありませんよ。

スポンサーリンク

ディズニーランド身長制限なし一人で座れればOKな乗り物

ディズニーランドで身長制限なしで、一人でちゃんと座ることができれば乗れるアトラクションは、たくさんあります。

アトラクションが始まってから、終わるまで一人でちゃんと座っていられるかは、お子さんの年齢や性格などで変わってきます。

エリアごとに補助なしで一人で座れればOKなアトラクションの乗り物を紹介します。

アドベンチャーランド

・ウエスタンリバー鉄道(子供をひさの上に乗せてもOK、暗い)

・ジャングルクルーズ(子供をひさの上に乗せてもOK、暗い)

・カリブの海賊(暗い、怖いキャラクター、一部スピード出る場所あり)

ウエスタンランド

・蒸気船マークトウェイン号(ベビーカーのままでも乗れます)

ファンタジーランド

・アリスのティーパーティー(子供をひざに乗せてもOK)

・イッツ・ア・スモールワールド(子供をひざに乗せてもOK)

・キャラバンカルーセル(そばに立つことが可能です)

・白雪姫と7人のこびと(暗くなる)

・空飛ぶダンボ

・美女と野獣”魔法のものがたり”(暗くなる、回転する)

・ピーターパン(暗くなる)

・ピノキオ(暗くなる)

・プーさんのハニーハント(暗くなる、回転する)

・ホーンテッドマンション(暗くなる、怖いキャラクターあり)

トゥーンタウン

・ロジャーラビットのカートゥーンスピン(暗くなる、回転する)

トゥモローランド

・モンスター・インク”ライト&ゴーシーク!”(暗くなる、回転する)

・バス・ライトイヤーのアストロブラスター(子供をひざに乗せてもOK)

どのアトラクションも暗くなったり、乗り物が回転したりします。

お子さんの様子をみながら、アトラクションを選んでみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

並ぶ前にチェック!ディズニーランドのアトラクション身長制限一覧について紹介しました。

ディズニーランドの身長制限は、81cm、90cm、102cmの3つあります。

ディズニーランドの身長制限はどこで測っているのかは、身長制限のあるアトラクションで測ってくれます。

ディズニーランドで身長制限なしで、一人でちゃんと座ることができれば乗れるアトラクションは、たくさんあります。

お子さんの様子を見ながら、乗れるアトラクションを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました