高校受験に年齢制限ってある?気になったので調査!

情報

卒業シーズン真っ只中の3月ですが、ニュースで埼玉県越谷市の越ケ谷高校定時制普通科を83歳と76歳の男性二人が卒業したと知りました。

高校受験て年齢制限ってあるのか気になったので調査をしてみました。

スポンサーリンク

高校受験に年齢制限ってある?

 

高校受験に年齢制限ってあるのか?まずはじめ高校受験を受けられる資格を調べてみました。

文部科学省のページに高等学校入学資格についてというのが詳しく乗っていました。

高等学校入学資格は、以下のいずれかに該当する方に認められます。

  1. 中学校、特別支援学校の中学部等を卒業した者、又は中等教育学校の前期課程を修了した者(学校教育法第57条)

  2. 外国において、学校教育における9年の課程を修了した者(学校教育法施行規則第95条第1項)

  3. 在外教育施設(中学校と同等であると指定された課程)を修了した者(学校教育法施行規則第95条第2項) →認定した在外教育施設の一覧

  4. 文部科学大臣の指定した者 (学校教育法施行規則第95条第3項)  →昭和二十三年文部省告示第五十八号(学校教育法施行規則第六十三条に規定する高等学校入学に関して中学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者)(※国立国会図書館ホームページへリンク)別ウィンドウで開きます

  5. 就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定規則(昭和41年文部省令第36号)により、中学校を卒業した者と同等以上の学力があると認定された者 (学校教育法施行規則第95条第4項)  →就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験

  6. その他高等学校において、中学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者(学校教育法施行規則第95条第5項)

引用元は文部科学省

むずかしく書いてありますが、中学校を卒業しているか、中学校と同等の事をやっているという事が分かるものがあれば、年齢は決まっていないとうことですね。

中学校を卒業か同等となると15歳以上にはなるとは、思いますので15歳以上なら高校入学の資格はあるということになります。

 

スポンサーリンク

全日制/定時制/通信制で場合によっては年齢制限もある

 

 

文部科学省では、年齢制限はないとされていますが、全日制/定時制/通信制の3つのなかで、学校によっては年齢制限をしている場所もあると思います。

公立、私立などでも違ってきます。

もし高校へ行きたいと思っている場合は、ご自分が行きたい高校に問い合わせてみてください。

通信制は、学校に通う必要がないので、(年に決まった回数行くこともある)ほとんどの人が受けられます。

スポンサーリンク

全日制メリットとデメリット

 

全日の学校を選んだ時のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

メリット

1.自分で行きたい学校が選べるので、選択肢が豊富にある。

2.友達をつくったり、学校行事や部活など体験できる。

デメリット

1.学力にあった学校でないと入学はできない。

2.成績や出席日数が良くないと留年してしまう。

3.仕事との両立は難しい。

 

スポンサーリンク

定時制メリットとデメリット

定時制の学校を選んだ時のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

メリット

1.1日の授業時間は少なめなので、負担にならない。

2.仕事やバイト家の事などと両立できる。

3.授業内容はやさしめになっている。

デメリット

1.大学進学するには学習内容が不足してしまう。

2.定時制の学校がすくなくて学校が限られします。

3.基本的に卒業までに4年かかる。

 

スポンサーリンク

通信制のメリットとデメリット

 

 

通信制の学校を選んだ時のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

メリット

1.費用が安いので、働きながらでも通うことが出来る。

2.自分のペースで勉強が出来る。

3.様々な理由がある人が通える環境がある(いじめや不登校、卒業が出来なかったなど)

 

デメリット

 

1.自分で勉強を進めていく必要がある。

2.友達などを作ったり、一緒に学ぶという事が少ない。

3.学校行事や部活などはない。

スポンサーリンク

まとめ

 

 

今年3月に83歳と76歳の男性二人が高校を卒業したと知り、高校受験に年齢制限があるのかを調査して紹介しました。

高校受験に年齢制限はなく、高校受験をするのには、中学校を卒業か中学校と同等の事をやったという証明があればよいということです。

高校生の勉強をしたいと思っている場合、今からでも勉強することは可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました