こどもの日女の子はお祝いしないの?どう過ごしたらいいのかを紹介!

季節のイベント

5月5日は、こどもの日ですが、「端午の節句」でもあるので男の子のお祝いをする日という印象が大きいですね。

「端午の節句」で男の子のお祝いをする日ですが、こどもの日という名前もついているので、姉妹だけのお家や女の子もいる家庭では、お祝いをしないの?かやどうすごしたらいいのかを調査してみました。

スポンサーリンク

こどもの日女の子はお祝いしないの?

 

5月5日がこどもの日と呼ばれるようになったのは、昭和23年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という事で国民の祝日になりました。

「端午の節句の日」に「こどもの日」があとから追加されたことになりますね。

「端午の節句」と「こどもの日」は別物と考えた方がいいです。

5月5日に女の子のお祝いはしないのが一般的ですね。

女の子のお祝いは3月3日のひな祭りでお祝いをしてあげましょう。

女の子だけの姉妹のお家や女の子のいるお家では、5月5日はこどもの日としてたのしく過ごすことがいいですね。

 

スポンサーリンク

こどもの日女の子はどう過ごすしたらいいのか?

 

 

こどもの日女の子はどう過ごしたらいいのか?については、女の子も男の子も関係なく楽しく過ごせたらいいと思います。

こどもの日はGWでもあるので、家族で一緒に過ごすことが多いとおもいますので、家族でゲームしたり、一緒に料理をしたり、美味しいものを食べたりという事をするのがみんなが幸せになっていいと思います。

最近では、こどもの日だからとプレゼントを買ってもらったりもありますよね。

スポンサーリンク

こどもの日にプレゼントを買う?買わない?

こどもの日にプレゼントを買うか?買わないか?

周りの人に聞いてみました!

買わないという人が多かったです。

その時によって高いものはかわないけど、お菓子や本だったらという意見がありました。

 

 

かわいい鯉のぼりケーキをみんなで囲んで食べるのも楽しいですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

5月5日「端午の節句」の日に「こどもの日」が昭和23年に後から追加されました。

「端午の節句」と「こどもの日」は別の物と考えて、こどもの日に女の子はお祝いというよりも、楽しく過ごすといいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました