本ページはプロモーションが含まれています。

花を長持ちさせる魔法の水できれいに咲く!作り方を解説!

スポンサーリンク
情報

お花をもらったり、買ったりして家にかざる場合少しでも長く花がきれいにさいていてくれたら、嬉しいですよね。

花を長持ちさせる魔法の水があります。

テレビ番組「所さんの目がテン」で花の科学のテーマで紹介された方法です。

花を長持ちさせる魔法の水の作り方を解説します。

スポンサーリンク

花を長持ちさせる魔法の水の前にやる事

花を長持ちさせる魔法の水の前にやることがあります。

ひと手間の作業をすることにより、魔法の水の効果がより発揮しますよ。

切り戻しをする

切り戻しをするときは、バケツなどにお花の茎を付けたまま水の中で斜めに切ります。

よく切れるハサミでやると茎の中の管がつぶされないので、お花が水をよく吸い上げられます

清潔なハサミで切ることも、雑菌がつかないようにするために大切なことです。

水の中で茎を切る時は、1から2センチ程度きるといいです。

下の葉っぱを取り除く

花を花瓶に入れる時に、下の葉っぱが水につかると細菌の繁殖に繋がります。

花瓶の水に触れてしまいそうな場所の葉っぱを取ってしまいましょう。

スポンサーリンク

花を長持ちさせる魔法の水の作り方

花を長持ちさせる魔法の水の作り方は、意外と簡単にできますよ。

魔法の水に必要な材料

・砂糖 小さじ2

・塩素系漂白剤(ハイター) 小さじ5分の1

・水1リットル

上記3つを混ぜたら、鼻を長持ちさせる魔法の水が完成です。

スポンサーリンク

花を長持ちさせる他の方法も紹介

サイダーや食器用洗剤、10円玉でも花を長持ちさせることができます。

どれも細菌の増殖を抑えることができます。

サイダー

サイダーは、水に対して2割ぐらいの量を混ぜるといいです。

例)200mlだったら、サイダーは40mlです。

食器用洗剤

食器用洗剤は、200mlで2から3滴入れるだけで十分です。

入れすぐに注意しましょう。

スポンサーリンク

10円玉

10円玉は、銅で出来ているため殺菌作用があり水を汚れにくくする働きがあります。

10円玉を入れるときは、なるべくきれいな10円玉の方が効果が上がります。

クエン酸やケチャップなどを使って10円玉をきれいにしてからやりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

花を長持ちさせる魔法の水できれいに咲く!作り方を解説!について紹介しました。

花を長持ちさせる魔法の水の前にやる事は、切り戻しと、下の葉っぱを取ることです。

花を長持ちさせる魔法の水の作り方は、砂糖、塩素系漂白剤(ハイター)、水の3つで簡単に作れます。

情報
スポンサーリンク
a11r03をフォローする
ママが気になるチャンネルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました