ディズニーファストパス現在廃止の理由は?復活や代わりになるものを調査!

ディズニー

ディズニーファストパスの現在についてを紹介します。

ディズニーリゾートに行って乗り物を効率よくのるなら、ファストパスを取るというのが以前は普通でした。

ディズニーファストパス現在は廃止になっています。

ディズニーファストパスの廃止になった理由や、ディズニーファストパスの復活について&ファストパスの代わりにものをしらべました。

ディズニーリゾートに行く人の参考にしてください。

楽天のディズニーホテル特集

スポンサーリンク

ディズニーファストパス現在は廃止の理由は?

ディズニーファストパスは現在は休止しているとディズニーのHPでは記載されていますが、事実上廃止になっています。

理由は、コロナウイルスが流行ったことが大きく関係していると思われますね。

ディズニーファストパスが休止になったあとは、スマホからスタンバイパスというアトラクションの待ち時間が少なくて済ものがありました。

スタンバイパスについても現在は、ほとんど休止状態になっています。
たまに人気商品やレストランでスタンバイパスが必要になる時期があると活用されていますよ。

ディズニーランドのホーンテッドマンションが2022年9月14日から2023年の1月4日まではスタンバイパスの対象になっています。

2022年11月18日は、ミッキー誕生日なので混雑するためディズニーランドの「ミートミッキー」ディズニーシーのグリーティングトレイルのミッキーもスタンバイパス対象になっています。

ディズニー公式HPのスタンバイパス

関西にあるテーマパークUSJでは、有料のファストパスが導入されていることも廃止になった理由にかかわっているかもしれません。

スポンサーリンク

ディズニーファストパスの復活はある?

ディズニーファストパスの復活はあるのでしょうか?個人的には復活してほしいと思いますが、復活はむずかしそうです。

現在は、ディズニープレミアアクセスという有料でアトラクションの待ち時間を短くするシステムに変わっています。

ディズニープレミアムアクセスに対応しているアトラクションは、現在有料のためかなり少ないです。

ディズニーランド…美女と野獣魔法の物語

ディズニーシー…トイストーリーマニア、ソアリン:ファンタスティックフライト

スポンサーリンク

ディズニーファストパス代わりになるものは?

ディズニーファストパスの代わりになるものはすでにあります。

有料になってしまいますが、ディズニープレミアアクセスというシステムがあります。

導入されているアトラクションがまだ少ないのですが、利用したい時間を指定することが可能です。

待ち時間を短縮したい人にはおすすのサービスですが、1人2000円という値段なので家族で利用すると結構な出費になってしまうのがデメリットですね。

遠くてディズニーにすぐに行ける距離ではないという場合は、利用して良かったという声もあります。

目安として60分以上待ち時間があるときり利用すると、1人2000円かかるけど利用して良かったと思う人が多いですよ。

お子さんがいる家族でも待ち時間がながくてあきらめるよりは、子供が喜んだので利用して良かったという人がいます。

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーファストパス現在は廃止の理由は?復活や代わりになるものを調査!について紹介しました。

ディズニーファストパスが廃止になった理由に、コロナウイルスが流行ったことやほかのパークが有料にしているということその他のいろいろなことが関係していると思われます。

ファストパスの復活は、ほぼないと思われます。

ファストパスに変わるものとして、有料のディズニープレミアムアクセスというのがあり、利用することでアトラクションの待ち時間を短縮することが出来ます。

楽天のディズニーホテル特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました